iTunesのデータを外付けハードディスクに

iTunesのデータを外付けハードディスクに
携帯音楽プレイヤーは数多くありますが、今もっとも有名なのがiPodやiPhoneなどのアップル社製品でしょう。

iPodなどでは自分で購入したCDを取り込んで聴くだけではなく、アップルストアからネット経由で楽曲を購入ダウンロードすることも可能です。そしてパソコンとiPodなどのデータを同期して最新の状態にしてくれるのをサポートするのが「iTunes」と呼ばれるアプリケーションです。

このiTunesは音楽データの保存と再生以外にも多くの機能が搭載されていて、前述した楽曲の購入やデータの共有、iPhoneなどで使えるアプリケーションの管理にiPodやiPhoneのバックアップと様々な事を行うようになっています。
そのため使い続けている内にハードディスク容量が足りなくなって、外付けハードディスクを購入するという人も多いでしょう。

その後もともと内蔵ハードディスクに保存していたデータを外付けハードディスクへ移動させると管理が楽になります。データの移動もiTunesから行う事ができます。

オプションメニューから「iTunes Mediaフォルダーの場所」の設定を外付けハードディスクに変え、それから「ライブラリの整理」で「ファイルを統合」すると、新しく指定した場所にすべてのデータがコピーされるという手順になっています。

ここまで完了すれば古い場所になるデータを削除しても大丈夫ですが、その前にちゃんとデータが移行されたのかしっかり確認してから行うようにしてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。