外付けハードディスクケース

内蔵用ハードディスクを交換する場合、古いハードディスクを取り出して新しいハードディスクと入れ替えます。そこで古いハードディスクを有効利用できたらいいと思いませんか?ですが古いハードディスクを使いたくても、外付けハードディスクと違って接続コネクタやケーブルをUSBで行うというような事ができません。

そんな時に便利なのが外付けハードディスクケースです。これは一見すると普通の外付けハードディスクのような形をしていますが中身は空っぽです。

このケースの中に内蔵用ハードディスクをセットすると、ケースを通じてUSB接続が可能になるのでそのまま外付けハードディスクとして使えるというものです。

ケースの値段もそれほどしませんし、ハードディスクをケースにセットするのも簡単なので、壊れて交換したという場合でもなければ、ケースを利用する事でいろいろ便利になるでしょう。

普通なら古いハードディスクのデータを新しいハードディスクに移動させる必要がありますが、ケースを使って同時に接続すればそれも簡単に行えます。

ハードディスクの容量は大きくて困ることはないので、外付けハードディスクを置く場所が全く無いという環境でもなければ損は無いでしょう。気をつけなければいけないのは、内蔵ハードディスクの大きさによって購入するケースの種類が変わってくるということです。

といっても大抵は二種類のサイズの内のどちらかなので大まかな寸法を測っておけば心配ありません。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。