外付けハードディスク データ復旧

外付けハードディスク データ復旧について

外付けハードディスクは重要なデータのバックアップなどの用途にも重宝しますが、バックアップが必要ということはそれだけデータが消えやすいという事でもあります。

外付けハードディスクの場合は、USBコードなどでパソコンと接続している事が多いため、特に乱暴な使い方をしていなくても普通に使っているだけでも消えてしまうことがあります。最近の外付けハードディスクは容量も大きいため、一度消えてしまうと大量のデータを失ってしまうのでダメージも大きくなってしまいます。

もしそうなってしまったらどうしたらよいでしょうか。黙って諦める?いえいえ、それはまだ早いです。

パソコンのデータは消えるといっても、本当に消えているわけではありません。データを消すと「このデータを見えないようにする」という作業を行って表面上消えたように見せるだけなのです。

そして他のデータが上書きされる事によって初めて本当に消えてしまいます。

そこで見えないようにされたデータを見られるようにするための作業を行えば、データ復旧を行えます。もちろん個人では簡単には行えないため、データ復旧を専門に行っている業者依頼するか専用のデータ復旧ソフトを購入すると良いでしょう。データ復旧ソフトはそれほど高くありませんが復旧できるデータには限りがあります。

専門業者は手間も時間もかかりますが、傷が付いて読めなくなったデータなども復旧できる可能性があるので場合によってはこちらを利用してみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外付けハードディスクケース

内蔵用ハードディスクを交換する場合、古いハードディスクを取り出して新しいハードディスクと入れ替えます。そこで古いハードディスクを有効利用できたらいいと思いませんか?ですが古いハードディスクを使いたくても、外付けハードディスクと違って接続コネクタやケーブルをUSBで行うというような事ができません。

そんな時に便利なのが外付けハードディスクケースです。これは一見すると普通の外付けハードディスクのような形をしていますが中身は空っぽです。

このケースの中に内蔵用ハードディスクをセットすると、ケースを通じてUSB接続が可能になるのでそのまま外付けハードディスクとして使えるというものです。

ケースの値段もそれほどしませんし、ハードディスクをケースにセットするのも簡単なので、壊れて交換したという場合でもなければ、ケースを利用する事でいろいろ便利になるでしょう。

普通なら古いハードディスクのデータを新しいハードディスクに移動させる必要がありますが、ケースを使って同時に接続すればそれも簡単に行えます。

ハードディスクの容量は大きくて困ることはないので、外付けハードディスクを置く場所が全く無いという環境でもなければ損は無いでしょう。気をつけなければいけないのは、内蔵ハードディスクの大きさによって購入するケースの種類が変わってくるということです。

といっても大抵は二種類のサイズの内のどちらかなので大まかな寸法を測っておけば心配ありません。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外付けハードディスクUSBケーブル

外付けハードディスクをパソコンに接続するにはいくつかの方法がありますが、もっとも簡単で多く使われているのがUSBケーブルによる接続です。

USBは外付けハードディスクを接続する以外にもプリンタやマウスといった多くの周辺機器との接続に使われている規格です。USB接続が便利な理由としては起動しているパソコンに繋ぐだけでパソコン側が外付けハードディスクを認識してくれる手軽さにあります。

ケーブルを接続するのもコネクタをただ差し込むだけで良く、特に決まった手順がない利便性がありますが、USBのデメリットも存在しています。

内蔵ハードディスクとUSBによる外付けハードディスクを比べると、データの転送速度がかなり違っています。

実のところUSBケーブルのデータ転送速度はそれほど速くはありません。もちろん普通に使っていてストレスを感じるほど遅いわけではありませんが、大きいデータを保存したりするときなどはその差を実感できるかもしれません。

これはUSB側の問題なので、たとえどんなに高性能な外付けハードディスクを使っていても避けられない問題になっています。

USBも性能が改善されつつあるので、近い内に現在よりもっと早いデータの転送を行えるようになるでしょう。その際に気をつけなければならないのは、USBケーブルだけではなく、パソコン側のUSBコネクタそのものを最新のパーツと交換する必要があるということです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外付けハードディスク LANケーブル対応

外付けハードディスクをパソコンに接続する方法としてメジャーなのがUSBケーブルによる接続です。これは誰でも簡単に行えることから大抵の外付けハードディスクの接続方式として採用されています。

ですがちょっと高級なタイプの外付けハードディスクではLANインターフェイスを利用して、ルーターなどのポートを利用してパソコンと接続する方式のも存在しています。

LAN対応の外付けハードディスクのメリットとして、複数のパソコンとデータを共有することが可能になるということがまず挙げられます。

通常では一台の外付けハードディスクは一台のパソコンにしか接続できないため、複数のパソコンでデータを使う場合はその度に接続しなおさなくてはならず煩雑になってしまいます。

またLANを無線対応にすることでパソコンから離れた場所に置いていてもケーブルの長さなどを気にせずどこからでもアクセスできるため持ち歩けるノートパソコンなどを使っている人にはより便利になるのではないでしょうか。

デメリットとしてはLANに接続することで外部から不正アクセスされてしまうセキュリティの問題があります。また、無線対応にした場合などにデータが上手く送受信できずにファイルが壊れやすくなってしまうこともあります。

同程度の容量の外付けハードディスクに比べると値段がかなり高く、ものによっては倍以上の価格になってしまうので用途と予算にあわせて選択しましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッファロー 外付けハードディスク

バッファロー 外付けハードディスクについて

パソコンショップなどで買い物をした事がある人に「バッファロー」という名前を見聞きした事がありますか?と聞くと大抵の人は「はい」と答えるのではないでしょうか。

それくらいこのメーカーの知名度は高く、全国のショップで数多くの製品を取り扱っています。

特に外付けハードディスクの種類は多く、同じバッファローにも関わらずどう性能が違うのか判断するのが難しいくらいです。価格も安いものから高級なものまで取り揃えているので、パソコン初心者から上級者まで大抵の要望を満たしているでしょう。

クチコミなどでも評判が良いバッファローですが、実は外付けハードディスクの製造自体は行っていません。国内外のパーツ製造会社のいくつかと契約を行っているので、同じバッファロー製品でもドライブの生産先はものによってバラバラです。

バッファローが責任を持って品質を保証しているので、それほどこだわる必要はありませんが気になる人は外付けハードディスクの中身を確認してから購入してもよいでしょう。

大抵は外箱に判別するためのちょっとしたシールが貼ってあるので、店員に確認してみると教えてくれるかもしれません。

バッファロー製品のクチコミ評判が高いのは簡単に使えるソフトが付属していたりと初心者に優しいところではないでしょうか。外付けハードディスクを買って、それとは別にソフトを買ったりネットからダウンロードしたりしなくてすむのは嬉しいですね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン用の外付けハードディスク

最近のパソコンは買ってすぐに使えるのが当たり前になっています。

ひと通りの機能を最初から持っていますが、使っていく内に物足りないと感じてくる事があります。特にそれを実感するのはハードディスクの容量が少なくなってきた時ではないでしょうか。

内蔵ハードディスクも最初は余裕があるのですが、使っている内にどんどん減ってきてしまいます。そんな時に便利なのが外付けハードディスクです。

内蔵ハードディスクはパソコンケースを開けてケーブルや電源を繋がなくてはなりませんし、ノートパソコンだと更に面倒になってしまうでしょう。その点、外付けハードディスクは付属のUSBケーブルで繋ぐだけで使う準備が完了します。

更に足りなくなればどんどん追加していけるのでデータ容量を気にせずに済むのです。

最初からパソコンに入ってるハードディスクだけでも十分、増やす必要がないよという人もちょっと待ってください。外付けハードディスクは単にデータを保存するだけの存在ではないのです。

そもそもハードディスクは激しく使えばその分寿命が縮みます。メインのハードディスクにはウィンドウズなどの重要なファイルが存在してるので、なるべく負担をかけないよう使うようにしたいものです。

そんな時に毎日聞く音楽ファイルや作成した書類などを外付けハードディスクに保存するようにすると、負荷が分散してメインのハードディスクを長く使えるようになるのです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノートパソコン用の外付けハードディスク


ノートパソコンは持ち運びが出来て場所を取らないのが利点です。

ひと昔前は値段も高くその割に性能がそれほど良くなかったのですが、最近ではそれらのマイナス面がなくなってきています。そのためノートパソコンの需要が高まってきていますが、ノートパソコンにはどうしても不利な面があるのです。

そのひとつが「ハードディスク容量の少なさ」です。

ノートパソコンは基本的に価格が高いため、コストダウンのために容量が少ない傾向にあります。内蔵ハードディスクの交換も可能ですが慣れていない人には難しいのが現状です。それを解決する方法が外付けハードディスクを増設することでしょう。

ノートパソコンであっても家から動かさない、という人はデスクトップパソコンで使っている外付けハードディスクをそのまま使えるので問題ありません。しかし職場や学校など頻繁に持ち運ぶという人はそうはいきません。

そのような人におすすめなのが「ポータブル外付けハードディスク」です。

これらは手のひらよりやや大きい程度とコンパクト化されていて、専用ケースに入れておけばそれほど邪魔にならずに持ち運べます。とはいえこれにも問題がないわけではありません。携帯性を優先しているので通常の外付けハードディスクに比べると容量が少ないものが殆どです。

通常の外付けハードディスクと出先で使う外付けハードディスクを上手に使い分けると、より便利にノートパソコンを使えるでしょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PS3の外付けハードディスク


プレイステーション3(以下PS3)は現在もっとも性能の高い家庭用ゲームのひとつです。

このPS3は高画質のゲーム画像やネットワークを利用してのオンライン対戦を楽しめるほか、ゲーム以外の多くの使い道があります。

最近ではPS3専用の地デジレコーダーの「torne」を利用することで地デジ番組を録画できる機能まで提供されています。ゲームをインストールしたりこうした録画機能を使うためにはより大容量のハードディスクが必要になってきており、内蔵ハードディスクでは足りない人も増えてます。

PS3では市販されている外付けハードディスクを利用することができるのが特徴ですが、すべての外付けハードディスクをそのまま使えるわけではありません。

外付けハードディスクを「FAT32」という方式で初期化する必要があるのですが、この方式で普通にフォーマットしようとすると32Gまでしか初期化が行えないという制限がある事に注意しましょう。

ツールを使えば大容量の所期かも行えるのですが、残念ながらPS3では32Gまでしか使えないようです。
また外付けハードディスクを「32G×5領域」のように細かく分けた場合はどうでしょうか。

こちらも最初の領域のみしか認識しないので残りの空き容量は無駄になってしまうようです。
そのためPS3で使うために大容量の外付けハードディスクを購入するのはちょっともったいないので、今は使っていない外付けハードディスクがあればそれを流用すると良いでしょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mac対応外付けハードディスク

普段何気なく使っているパソコンにも種類があるのをご存知でしょうか。

もちろん多くのメーカーからパソコンは販売されていますが、ここで言う種類とは「ウィンドウズパソコンかマッキントッシュパソコンか」という事です。ウィンドウズとマッキントッシュ(以下mac)は同じパソコンでも違う部分がいろいろあります。

そのためmacを使っていて外付けハードディスクを購入する場合にはちょっと注意が必要になります。

外付けハードディスクを購入して最初に初期化作業を行うのですが、ウィンドウズとmacではフォーマット形式が違うためウィンドウズ用にフォーマットされた外付けハードディスクはmacでは認識できません。

この両方で認識できるフォーマット形式もあるのですが、この形式は小さい容量のハードディスクでしか使えないという問題があります。そのため中古の外付けハードディスクの場合などはフォーマット形式をしっかり確認するようにしましょう。

ハードディスクとパソコンの接続方法もウィンドウズではUSB接続が主流でmacではFireWireという方法が主流です。今現在、または将来的にウィンドウズとmacの両方で外付けハードディスクを使う予定の人はその両方の接続コネクタが存在する製品を選ぶようにしましょう。それと古いmacでは外付けハードディスク自体を認識しないという事も覚えておきましょう。

古いmacを使い始める場合はOSを最新のものにするといった工夫が必要になってきます。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iTunesのデータを外付けハードディスクに

iTunesのデータを外付けハードディスクに
携帯音楽プレイヤーは数多くありますが、今もっとも有名なのがiPodやiPhoneなどのアップル社製品でしょう。

iPodなどでは自分で購入したCDを取り込んで聴くだけではなく、アップルストアからネット経由で楽曲を購入ダウンロードすることも可能です。そしてパソコンとiPodなどのデータを同期して最新の状態にしてくれるのをサポートするのが「iTunes」と呼ばれるアプリケーションです。

このiTunesは音楽データの保存と再生以外にも多くの機能が搭載されていて、前述した楽曲の購入やデータの共有、iPhoneなどで使えるアプリケーションの管理にiPodやiPhoneのバックアップと様々な事を行うようになっています。
そのため使い続けている内にハードディスク容量が足りなくなって、外付けハードディスクを購入するという人も多いでしょう。

その後もともと内蔵ハードディスクに保存していたデータを外付けハードディスクへ移動させると管理が楽になります。データの移動もiTunesから行う事ができます。

オプションメニューから「iTunes Mediaフォルダーの場所」の設定を外付けハードディスクに変え、それから「ライブラリの整理」で「ファイルを統合」すると、新しく指定した場所にすべてのデータがコピーされるという手順になっています。

ここまで完了すれば古い場所になるデータを削除しても大丈夫ですが、その前にちゃんとデータが移行されたのかしっかり確認してから行うようにしてください。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BUFFALOの外付けハードディスク


外付けハードディスクを販売している会社は数多くあり、その製品も様々です。

似たような性能のものだとどれを買っていいのか悩んでしまいますね。値段や性能に不満がない製品を比較する時には販売メーカーの信用度を参照にするのもひとつの手段かもしれません。

極端な話、有名メーカーが作っている製品にはそれほどハズレが無いと考えられるからです。
外付けハードディスクを作成販売している知名度の高いメーカーに「BUFFALO」があります。

大手の家電ショップの外付けハードディスクコーナーを覗くと必ずと言っていいほどこのメーカーのものが多く並んでいます。それだけの知名度と扱いは、このメーカーがいかに多くの人に支持されているかのバロメーターととなっています。

BUFFALOは外付けハードディスクを数多く販売していますが、基本的な機能以外にもあると便利なちょっとした機能がついていたり、使いやすいソフトを同梱していたりと製品以外でも便利さを追求しています。

シンプルで安いものから豊富な機能を売りにした高級なものまで数多く取り揃えているので、迷ったらこのメーカーを基準にしていろいろ選ぶようにすると外付けハードディスクに詳しくない人でも安心したお買い物ができるのではないでしょうか。

ハードディスクはパソコンパーツでもかなり重要になってきます。このパーツが壊れやすかったりするとパソコンそのものが動かなくなるのでしっかりしたものを用意したいですね。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。